練習風景 9月16日(水) 大津町競技場

先週、秋の涼しさを感じる日が早く来ないかなあと言ってましたが、 この日は最高気温も25度を下回り曇っていて、これまでになく動くことができて楽しくサッカーが出来ました。 しかも、素晴らしい天然芝のピッチです。プレーをミスしてもピッチのせいには出来ません。(笑)

練習風景 9月10日(木) 大津町競技場

美しい天然芝のピッチです。気温は低めで曇りがちの天気予報でしたが、期待に反してこの美しいピッチに立つ前に意欲を削ぐ、じりじりと照り付ける日差しを恨めしく思いました。秋の涼しさを感じてこのピッチで、ボールと戯れる日が早く来ないでしょうかね。

練習風景 9月4日(金) 県運動公園スポーツ広場

非常に強い台風10号は、あさって6日(日)から7日(月)にかけて特別警報級の勢力に発達して勢力を維持したまま、九州に接近または上陸の恐れがあり、大雨や暴風への最大級の警戒が必要、しっかりと対策することとテレビ等で呼びかけらている中での練習でした。曇っていて小雨もパラつき気温は30度を下回り、前回に比べるとしっかり走れました。
(写真は誕生日を祝福される渡辺さん)

練習風景 8月31日(月) 県運動公園スポーツ広場

8月も終わろうとするこの日、猛暑はいっこうに衰える気配さえもありません。今はとてもサッカーが出来る環境ではありません。 早く涼しくなって気持ちよくサッカーしたいものです。そのせいか参加者もやや少なめで全員を2チームに分けて紅白戦を行いました。

練習風景 8月25日(火)、26日(火) 七城サッカー場

会員の親睦とサッカー技術の向上を目的として夏季合宿が行われました。 暑さが心配されたなか25日午後の気温は35度を記録しましたが、雲で日差しが遮られ台風の影響で風は6〜7mあり、体感では午前中の練習と同じ様でした。技術的な講習、他のチームとの練習試合、懇親会も行われました。


 講習会

 練習後に西瓜、美味しそう!

 練習試合

 懇親会

練習風景 8月19日(水) 宇城フットボールセンター

灼熱の中でサッカーする危険性は、熱中症以外にもあります。 練習後、足裏が痛いのでスパイクを脱いで見ると真っ赤になっていました。軽い火傷です。 炎天下の人工芝の表面温度は、70度前後になるそうです。 ちなみに夏の海の砂浜の表面温度は、60度前後なのでいかに人工芝が熱いかが分かります。 対策が必要です。

練習風景 8月11日(火) 宇城フットボールセンター

暑い、暑いとしか言いようがありません。写真はそんな暑い中で、プレー出来る体調ではないからと、紅白戦の線審をしていただいている堀さんです。 いつもありがとうございます。
(管理人のパソコンが故障して更新が遅れました。)
m(_"_)m

練習風景 8月3日(月) 県運動公園スポーツ広場

大きな木々に囲まれたピッチは、涼しそうに見えます。しかし、この日は気温35度の猛暑日を記録しました。 いつものようにすべてのメンバーを3チームに分けて紅白戦を行いました。元気な仲間とサッカーが出来ることに感謝です。

練習風景 7月28日(火) 七城サッカー場


 雨にも負けず
西日本OBサッカー連盟からのカラーパンツを贈呈された福山さんが紫パンツ(85歳)を着用してピッチに立たれました。 紅白戦にも出場して梅雨明けの蒸し暑さをものともせずにプレーされていました。
これからもコロナウィルスの感染防止と熱中症の予防を徹底していきましょう。

練習風景 7月22日(水) 宇城フットボールセンター

練習開始前の9時には、気温はすでに32度。人工芝のむっとする暑さは、幸い風があって流されてはいましたが暑かったです。 いつもより長めの休憩を入れながら紅白戦を楽しみました。写真は19日の大会で大活躍したGK高浪、 今日も叱咤激励の大声がピッチに響き渡っていました。

全国シニア(O−70)九州予選 7月19日(日) 中津市永添運動公園

熊本オールドキッカーズと宮崎ドリームFCの2チームが参加してのKYFA第5回九州O−70サッカー大会。 勝者は本年9月、秋田県にかほ市でのJFA第14回全日本O−70サッカー大会の出場資格を得ます。 試合は1対1のまま終了しPK戦となり、先行のKOK3人目が失敗した時点で1対2、相手の3人目が決めると決定的と思われる状況で、 キックされたボールをGK高浪が指先ではじきポストに当たってノーゴール。ここからGK高浪の大活躍でPK戦に勝利しました。 (KOK:×〇×○○○○  宮崎:〇〇××○○×)

練習風景 7月14日(火) 七城サッカー場


 雨にも負けず

 美味しそう!
朝から激しい雨が降っていました。今日の練習は、中止だろうと思っているところにメールが届き来ました。 中止の連絡だと開くと、なんと2時間遅れでやるとの知らせ。 それでも半信半疑で会場に着くと雨も小降りとなり、すでに多くのひとが来ていて、皆さんのサッカーへの情熱を見た思いがしました。
スイカの差し入れをありがとうございました。

練習風景 7月9日(木) 県運動公園スポーツ広場

練習に先立ちミーティングで西日本OBサッカー連盟のカラーパンツがそれぞれの該当者に贈呈されました。
紫パンツ(85歳)福山・安田、金パンツ(80歳)大窪・佐野、銀パンツ(70歳)松本・河田・長尾・高波(敬称略)
皆さんこれからも生涯現役めざしてがんばりましょう。
写真は会長より紫パンツを贈呈される福山さん

練習中止 7月4日(月) 県運動公園スポーツ広場


 水浸しのピッチ

 猛者揃い
雨の影響もあり、参加者が少なく練習は中止しました。その代替として、9日(木曜日)に練習会を行います。 (7月9日(木)・運動公園スポーツ広場)9日は少々の雨でも練習をします。多数の参加をお願いします。

豪雨災害 7月4日(土) 球磨川流域

被災し亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
球磨川が上流から下流にわたり11カ所で氾濫。人吉市をはじめ球磨川流域の広範囲で冠水しました。

練習中止 6月30日(火) 宇城フットボールセンター

今朝、5時44分にメールで練習会中止の連絡が松本総務部長からありました。 「今日の練習会は中止です。すごい雨と風でした。まだ風は強いです。(長洲町) ハイビスカスの大きな鉢が落ちて割れてました。
次の練習会は7月6日(月)運動公園スポーツ広場です。」

練習風景 6月24日(水) 宇城フットボールセンター

「さあ!俺たちの出番だ」(写真)
SR(Super Royal・75歳以上)の面々は、 若手のゲームが先にあって待たされていたので、出番が来ると颯爽とピッチへ。 快晴の空、太陽に熱せられた人工芝のピッチは熱気が籠ります。その熱気をものともせずプレーされていました。

部分日食 6月21日(日) 熊本市中央区横手

皆さん!忘れずに見ましたか。日食がもっとも欠ける時間、午後5時9分前後には、雲が切れて見ることができました。約半分が月で隠された時には、少しヒンヤリと涼しく感じました。夏至の日の今日が、日食と重なったのは372年ぶりとか、(?_?;)ピンと来ませんね。(笑)
(写真)日食で木漏れ日が、三日月のようになっています。

練習風景 6月18日(木) 県運動公園スポーツ広場

「南西の風やや強く、雨は所により昼前から雷を伴い激しく降る。」の天気予報に、練習は中止かもしれないと思いながら会場に行ってみました。 幸いにも雨は小降りで、人工芝のピッチは雨の影響はありません。それでも安全第一に、いつもより早く練習を終えました。

練習風景 6月10日(水) 県運動公園スポーツ広場

2、3日前の天気予報では、曇りから雨だったように記憶していましたが、見事に晴れて今日も暑かったですね。 この暑さで心なしかゲームでの運動量も少なく思えました。 出番がないときには、日陰で休まずにはおれませんでした。

練習風景 6月4日(木) 県運動公園スポーツ広場

暑かったですね〜。もう夏と言ってもいいでしょう。これからは、熱中症の対策が重要になってきます。
写真は練習が終わった後の帰りの会 ( ^ー^) の様子です。上半身裸の人もいます。 ソーシャルディスタンスを取っているので、この写真に全員は収まり切れていません。

練習風景 5月25日(月) 県運動公園スポーツ広場

前回に引き続き皆さんの集合は早かったですね。どんなときでも、こうありたいものです。(笑) 紅白戦は20分ゲームが5本、すべてに出場した強者もいたとか。 暑かったので熱中症にも十分気を付けて行いましたが、やりすぎは故障にもつながります。気をつけてください。

練習風景 5月20日(水) 県運動公園スポーツ広場

コロナウィルス感染拡大防止対策で出されていた非常事態宣言が解除され、熊本県運動公園の屋外施設が利用できるようになりました。 皆さん、待ちきれなかったのでしょう。再開された練習には、集合時間20分前には多くのひとが揃っていて、それぞれにアップをされていました。 久しぶりに紅白戦で汗を流したあと、晴れ晴れとした表情で帰路につかれました。

自主練習 5月11日(月) 河川敷で

赤、黄、シルバーなど、色とりどりのスパイクが並んでいます。 スパイクたちも久しぶりに、ボールと戯れて楽しかったのではないでしょうか。 誰からともなく声がかかり、河川敷でミニゲームをしました。 早くチームでの練習が出来るようになって欲しいものです。

自主練習 4月27日(月) 河川敷で

練習が予定されていたこの日”一緒にボール蹴りませんか。”の呼びかけに20名が集まりました。 この河川敷は団体での使用は禁止されているとのことで、1時間半余りで中止しました。
その後、会長よりこのような活動も含め、完全にKOKの活動は休止するとの表明があり、 再開できた時に備えて個々人で、運動しておいてくださいと付け加えられました。

自主練習 4月21日(火) 河川敷で

誰からともなくボール蹴ろうやとなって集まり、ミニゲームを行いました。 始まるまではマスクを着用し、会話も極力少なくして、大声も出さないで、ソーシャルディスタンスを保ちながらと 感染防止に気を付けて、やや窮屈なミニゲームとなりました。

練習風景 4月15日(水) 肥後銀行菊陽グランド

写真はコロナウイルスによる感染防止から「ソーシャルディスタンス(人と2メートルの距離を保つこと)」をとってのミーティングの様子です。 「不要不急の外出自粛」要請がなされている中での練習会は難しさが増しています。 今日の練習会も4名の方が自粛されました。一方では、これまで何年も続けてきた週一回の練習が生活のリズムを作っている、 持病もあり運動しない状態が続くと、リスクも高くなってきそうだとの声もありました。

練習風景 4月8日(水) 肥後銀行菊陽グランド

コロナウィルス対策で首都圏を中心に非常事態宣言が出され、熊本でも外出自粛や感染防止など緊張した生活が続いています。 そんな中、風もなく暑くもなく寒くもなく絶好のサッカー日和に「いい汗を流した。」が参加者多くの思いだったようです。

練習風景 4月3日(金) 肥後銀行菊陽グランド

参加者は約30名、紅白戦は3チームで行い、不足するところ休んでいるチームから補いました。 ミーティングでは、コロナウィルスの感染者がもし出たら、この練習会は中止せざるを得ないので、 感染防止を徹底して欲しいと周知がありました。

練習風景 3月30日(月) 肥後銀行菊陽グランド

雨模様の天気でしょうか、コロナウィルスの感染防止外出自粛でしょうか。参加者は少なく二十数名、紅白戦が始まると雨が降り出しました。全員連続でプレーして、いつもより30分早く終了。 練習中のケガでゴールキーパーとしてのプレーが、難しくなった中川さんがひょっこり来られて、久しぶりに元気な姿を見ることができました。

練習風景 3月24日(火) 肥後銀行菊陽グランド

練習ゲームの合間の休憩中に偶然4人が揃いました。この4人のパンツの色を見てください。春の日差しに金色に輝いています。 これは西日本OBサッカー連盟から、80歳〜84歳に贈呈されるカラ―パンツです。 接触プレーによるケガ防止のために、着用してもらっています。(写真)

練習風景 3月18日(水) 肥後銀行菊陽グランド

予定されていた練習会場が変更になって、少し残念なところはありましたが、この青空(写真)の下気持ち良い汗を流すことができました。
ただ、接触プレーでケガをされたかたがでたのが残念です。厳しくプレーすることは必要ですが、ケガに結びつかないように配慮してプレーすることも必要です。

練習風景 3月12日(木) 肥後銀行菊陽グランド

前回の練習日から、コロナウィルスの感染拡大防止のため2つの大会が中止になり、雨で練習が1回中止になって16日ぶりの練習でした。 ボールを蹴る皆さんの笑顔は輝いていて、サッカー大好きが伝わってきました。写真の青空のような気分になって帰られたことでしょう。

練習風景 2月25日(火) 肥後銀行菊陽グランド

南から暖かい空気が入り、気温が上がり、今日の最高気温は甲佐町で22.1度など、平年より10度近くも高く、4月下旬並みの暖かさとなりました。 また、気象台では、モンシロチョウの初見が観測されたと発表しました。平年より12日早い観測とか。モンシロチョウたちも、早い春の訪れを敏感に感じ取ったのでしょうか。ぽかぽか陽気で約40名が参加、ワンちゃんも参加 (・・?

練習風景 2月19日(木) 肥後銀行菊陽グランド

写真は白線が引かれる前のピッチです。冬枯れの芝で茶色くなっています。 ここに集合時間前に来て、練習が時間どおりに始められるように、 いつもフィールドを作ってくれている仲間がいます。ありがとう。

練習風景 2月13日(木) 大津町競技場

前回に引き続き今回の練習会も大津町競技場の素晴らしい天然芝のピッチです。 家を出る前からウキウキです。出来るだけ長い時間、ピッチに立っていたいといつもより早く家を出ました。 ボールのイレギュラーもなくトラップしやすく、上達したのではと勘違いしてしまいます。(笑) このピッチを維持管理しているグリーンキーパーさんに感謝です。

練習風景 2月7日(金) 大津町競技場

写真を見てください。まるで緑の絨毯を敷き詰めたような天然芝のピッチです。今日はこのピッチでの練習です。 今にも降りそうな雨空に、午前中は降らないでくれと祈りながら家を出ましたが、大津町に向かう途中から雨が降り出しました。 それでも、ピッチに足を一歩踏み入れてボールを蹴ると皆、笑みがこぼれています。雨にも寒さにも負けず存分に楽しみました。

練習風景 2月3日(月) 肥後銀行菊陽グランド

前回の練習日1月28日はグランドコンディション不良のため中止でした。 この時期の日本芝は枯れてしまっているので、雨が降ったりするとぐちゃぐちゃになってしまいます。 寒かったせいか?参加者は30数名と少な目でした。

熊本県シニアO−60サッカーリーグ 2月2日(日) 県補助グランド

写真 良く晴れて風もなく寒さは感じられません。天然芝のピッチの緑が陽光に映えて、選手は気持ちよさそうにプレーしています。 試合は後半、相手コーナーキックからのこぼれ球を押し込まれて失点、このまま終了して敗れました。

練習風景 1月22日(水) 肥後銀行菊陽グランド

今日も寒かったですね。駐車場に着いて見た車外気温は6度、それでも参加者は40名近くありました。 紅白戦は若手(笑)で編成した2チームによる対戦、ベテランで編成した2チームによる対戦が行われました。
写真は今のプレーを解説中?!

練習風景 1月16日(木) 肥後銀行菊陽グランド

練習会場についた9時頃の気温は4度、寒くてボール蹴ると足先が痺れ痛かったです。 こんな日は、紅白戦前に出来るだけ体を暖めることを主にドリブルやパスの練習をします。 寒かったせいか参加者も少なめでした。
写真は紅白戦の間の休憩の様子

熊本県シニアO−60サッカーリーグ 1月12日(日) 肥後銀行菊陽グランド

写真 朝は小雨がぱらつく天気でした。この日の最後の試合で15時30分キックオフの頃には、どんよりと曇り風が出て寒かったです。 試合は相手FWに味方DFの裏に飛び出され20m余りをドリブルされて、一旦は味方DFが追いついたものの上手くかわされて失点、 KOKは最後までよく走り得点チャンスを何度か作りましたが、決めきれずに敗れました。

練習風景 1月10日(月) 肥後銀行菊陽グランド

良く晴れて汗ばむほどで、サッカーするには丁度いい陽気でした。 しかし、この季節にこの温度、少し心配でもあります。 写真は新入会員の原洋一さん(右から2番目)と、かって同じチームでプレーしたことがある方が談笑されている様子です。

練習風景 1月6日(月) 肥後銀行菊陽グランド


 ミーティング

 紅白戦
「明けましておめでとうございます。」2020年練習始め、40名近くの参加でした。新たな気持ちになって、ボールを蹴った方も多かったのではないでしょうか。 4チームに分かれて紅白戦行いました。

inserted by FC2 system